2009年01月20日

宝くじ3億円当選させた13のルール!

宝くじ3億円当選させた13のルール!

皆さん宝くじの当選確率って御存知ですか??




宝くじ3億円当選させた13のルール!
  日本国内様々な「クジ」が販売されていますよね?

  その中でも代表的なクジは、「ロト6」「サッカーくじtotoBIG」そしてこれから発売となる

  「年末ジャンボ!」ですよね!

  ではこの3大くじで一番当たり易いクジは何だか御存知ですか??

  公式発表されている一等の出る確立は以下の通りです。

 
    ・ロト6       609万6454万分の1

    ・totoBIG      480万分の1

    ・年末ジャンボ 1000万分の1



宝くじ3億円当選させた13のルール!
  あれ??年末ジャンボが一番低いの??そう思いませんか?

  これなら年末ジャンボ買うよりtotoBIGやロト6買ったほうが良いのじゃないかって?

  確かにそうですよね!

  しかし皆さん一番確立が良いとされるtotoBIGはギャンブルなのです!

  クジとは名ばかりのギャンブル!

  最高当選金額6億円と日本最高賞金額を誇りますが、

  このtotoBIGは購入時、無作為にコンピュータが勝手に選んだ数字が印刷されます。

  同じ数字を当てるロト6との決定的な違いはここにあります。

  ロト6は609万6454通り全て購入すれば必ず1等が当たります!

  しかしサッカーくじtotoは480万口購入しても当たるか当たらないか分らないのです!

  例えるなら、大きな箱の中にクジを全て入れたとします。

  年末ジャンボとロト6は一枚引く事に確実に箱の中の枚数は減りますよね?

  しかしtotoBIGは折角引いたクジを再び箱の中へ戻してしまうのです。

  何度引いてもこの480万分の1の確立は変動しません!パチンコと同じなのです!

  毎週1回クジ結果の発表が有りますが、1等が連続して出ないなんて事はざらですよね?

  しかも1等当選金額は変動します。複数1等当選者が出た場合、

  その人数で当選金を÷ますよね?過去にこの様な結果が有りました。

  第291開催totoBIGにて、1等当選人数4人!

  本来でしたらこの4人は天にも舞い上がる気持ちでしょう。

  しかし当選金額は残酷でした。1等当選金額はたったの2855万円…

  これはロト6にも言えることです。

  キャリーオーバーが大量に蓄えられている場合は別として、

  当選金額は変動してしまいます。

  折角1等当選したのに嬉しいやら悲しいやら…

  こう考えると純粋な「クジ」とは宝くじしか無いのです!

  しかし年末ジャンボの1等当選確率は最低の1000万分の1…

  皆さん何か忘れていませんか??

  年末ジャンボは1等だけが高額当選じゃないのです!

  ロト6やtotoBIGでは有り得ない2等賞金なんと1億円なのです!

  しかも1ロットに4本も当たるのです!

  宝くじが当選するのなら、せめて1億円は欲しいと思いませんか?

  1等3億円を逃しても2等で1億円も当たれば心から喜べますよね??

  1等×1本、2等×4本、合計5本と考えれば、

  連番購入時、当選確率は200万分の1となりますよね?

  バラで購入すれば、1等前後賞の5000万円も含めれば1000万枚の中に、

  なんと7本も当たりがある計算になります。

  その確立…142万8572分の1
 
  日本で一番大金を手にし易いクジは「宝くじ」だったのです! 

  年末最終最後にして最大イベント「年末ジャンボ宝くじ!」まもなく発売日をむかえます!

  心の準備は出来ていますか??

  今年こそ大金掴んで新たな新年を迎えたいですね!

  長くなりましたがそろそろお別れです。

  貴重なお時間、最後までお読みいただきありがとうございます。

  時節柄、くれぐれも御自愛下さいますよう、お願い申し上げますとともに、

  今年こそあなた様に幸運が訪れるよう心よりお祈り申し上げます…
宝くじ3億円当選させた13のルール!
posted by 宝くじ at 06:04 | 宝くじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。